生活上一番のライフライン 水道について

私たちの生活に水道は必需品です。飲むだけでなく炊事や洗濯などにも使います。水は、公共財としての認識が必要です。

生活上一番のライフライン 水道について

私たちの生活に水道は必需品です。

私たちの生活に水道は、必需品です。

では水とは何でしょうか。国連の水についての見解は驚くほど明解で先進的です。

その見解を見ると「水は、単に経済的財物としてだけではなく、社会的、文化的な公共財とする」と公共財の側面を強調しています。
単なる売ったり買ったりする物以上の地域とって大切な財産です。

また、水は「限りある天然資源で、生命と健康との基礎となる公共財」であるとして、その公益的な性格を明確に規定しています。
端的に言うと、どんどん使いすぎるとなくなってしまう可能性のある資源という意味です。

夏の渇水期を思い浮かべて頂けるとご理解いただけると思います。
それだけではなく、水は汚れやすい性質を持っています。
川や貯水池が汚染されると使えなくなってしまいます。
この汚れやすくて、減り易い資源をみんなで大事に使わなければいけないのは当然です。

また、単に川や貯水池を汚さないだけではなく、川の上流の山々や森林を守っていく必要があります。
森林や山の斜面があってこそ雨水がきれいにろ過されて川に流れ込んで行くからです。

また水は、飲むだけではなく生活のいろいろな場面で使われます。
例えば、お風呂やシャワーです。

きれいな水があってこそ体を清潔に保つことができます。
洗濯も同じ効果を持っています。
衛生的な水で洗濯するからこそ衣類がきれいになります。
食事の準備でも水は欠かせません。野菜や果物を洗う時、塩素が入った水道水が殺菌してくれています。
だから生で食べても安全なわけです。

関連サイト

Copyright (C)2018生活上一番のライフライン 水道について.All rights reserved.