生活上一番のライフライン 水道について

生活に使用する水道水について。子供が産まれてから一段と水の煮沸には気をつけるようになった事。

生活上一番のライフライン 水道について

生活用水に使用している水道について

私は現在兵庫県の丹波市に住んでいます。
丹波市はお米や野菜がとても美味しい田舎ですが、中でも一番嫁いできてすぐに私が驚いたのは、地下水が飲める事です。

実家が大坂の都会のために、地下水等飲んだ事もなかったのですが、丹波市では、普通に薬で処理されている水道水の他に天然の地下水が飲めたのです。

その地下水も蛇口をひねると水道水と同じように水がでてきます。

しかも、飲んでみると薬臭くなくて、とても美味しいのです。

一度出産で里帰りをした時に大坂の実家では赤ちゃん用にと天然の水が出る機会を購入していました。
それは、安全性はありましたが、お金がかかっていました。
しかし、丹波の地下水はお金がかからずに美味しいお水が飲めるのです。

ですが、一つ重要な問題点があって、丹波市の地下水は本当に安全なのかは調べていないので分からないのです。

臭みもなく、水道水より美味しいのですが、ピロリ菌等の心配もあるため現在ではしっかりと煮沸してから口にいれる様にしています。
また、子供にはこの地下水は煮沸しても使用していないです。

他の生活用水として、洗濯やトイレ、お風呂の水等は普通の水道水を使用しています。
子供が産まれてから、特に水には気を受けるようになりました。
大坂の実家みたいに、水のために機械を買う等はしていませんが、子供のミルクを作るお湯は必ず沸騰してから使用しています。
今まで、私達夫婦だけなら水等そのまま飲んでいましたが、子供が出来ると一段と気をつけるようになりました。

関連サイト

Copyright (C)2018生活上一番のライフライン 水道について.All rights reserved.